ヨンパチ学問ニッキ

学問したい日記(牛津疾走編)

五月も三分の一が過ぎた金曜日

もう5月になってしばらく過ぎた。こちらはまだ結構寒くて上着が手放せない。

4月末にベルリンで行われた某カンファレンスで報告してきた。私が大学院生のころから読んできた大物たちが集まった小規模カンファレンスで、色々な人と話せてとても楽しかった。

このカンファレンスの報告をもとにした出版計画があり(私の論文が載るかは別問題だけれども)、その相談で出た意見が日本と違うなと思ったのでメモ。

  • Edited bookはできるだけ避けたいという意見がほとんど。理由は、読まれないからとのこと。
  • むしろジャーナルの特集号の形をとったほうが、まだ読まれるだろうという意見があった。
  • カンファレンスのテーマにそった重要なresearch questionsを4つほどたてて、それに対するpros and consを論じる論文をいくつか入れるというものもあった。使いやすくて読まれる本になるかもと。

どれだけ読まれるかが基準なのだな。引用数が評価されるので、引用されやすいように、ということにも結びついているのだろう。

確かに最近は、私でも紀要などに書いた論文でオンラインにあがっているものを読んでくださったと声をかけていただくことが増えているので、オンラインに出ない本に書くより、紀要論文であってもネットの検索から本文が読めるものの方が自分の研究を誰かに知ってもらう契機になっているという側面が日本でもあるかもしれない。

恩返しを心に刻む土曜日

今日は朝から近所の公園を散策した後、午後に某夫方面のH先生のお家訪問。素敵なお家でイギリス式にお茶をいただく。胡瓜のサンドイッチが美味でびっくり。日本の胡瓜とはもちろん違うけれど、北米の胡瓜とも違う。ちょっとメロンぽい感じもあり、爽やかでたいへん上品。

家が決まりかけていて来週引越しの見込みとお話ししたら、いろいろ貸して下さるとのことで恐縮。いつかきっと恩返しをしないといけない。

娘と話していて気づいたのだが、関西弁の二つ目にアクセントを置く「トト」の発音と、イギリス英語のTomatoはだいたい一緒だな。ちなみにバナも。関西アクセントのゴラはほぼ英語。

ブログ再始動(しばらくトップに固定)

以前の投稿を読むと別人が書いたように見えるけれど、私が書きました。2019年4月から英国某所に滞在中。疾走するのは娘。この写真は某夫が撮った。

f:id:hannah:20190414023137j:plain

(今年も)春のご挨拶

本日付で、京都の某大学の准教授に着任します。ようやく任期のない仕事に就けました。

昨年10月から某夫が京都で単身赴任をしており、東京に取り残された私と娘でひとり親家庭をやっておりましたが、京都で家族一緒に住むことができるようになりました。どうやら京都に永住の見込みなので、娘は京女に育つのでしょう。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それにしても、過去5年間でここが4つ目の勤め先だっていうのがあれな感じ。いや本当。

夏のたより

採点をささっと仕上げ、カナダに行って海に行って研究室に戻ってきたところ。東京は暑い。

古巣に戻って最初の学期は、学生に恵まれてとても充実していた。私は英語で講義を担当する教員として雇われているのだが、留学生ばかりになるかと思いきや、なぜかいわゆる日本人学生ばかりで、英語で講義するのがなんだか気恥ずかしい講義も。学生の様子を見てから後で変更しようかなと結構な量のリーディングでシラバスを組んだら、学生がついてきてしまう。おかげで準備が大変だった。後期もがんばろう。

残りの夏休みは翻訳仕事(複数)を必死でやります。本当です。

娘は日々成長中。起きている間中、歩きまわってあちこち探索している。ここ数日は枝豆が気に入っていて、「まめ!」と要求します。

ご挨拶

本日付で、古巣の講師(任期付)に着任します。専任で常勤だけど任期付き。はじめて個室の研究室をもらえることになりました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

あ、娘も元気にしております。あっという間にもうすぐ一歳。しばらく前から、名前を呼ぶと手を上げて元気に「はーい」というパフォーマンスでジジババをメロメロにさせています。

産休明けフルスロットル

出産からあっという間に2ヶ月が経ち、2週間ほど前に産休明けで仕事復帰してしまいましたよ。そして今週から担当プロジェクトの本番で、毎朝5時起き。娘は元気です。娘だけが元気です。

娘は奇跡的に区の認可保育園に入ることができた。今週から預かってもらっているが、仕事の都合上、保育園への送迎はほぼ全面的に某夫まかせ。母の協力もあおぎつつ、どうにかやっているところ。

今年は(ようやく)科研費が当たった。カナダに行くつもりで応募したのだけど、娘を連れて行けるかなあ。はてさて。

とりあえず生存報告。