ヨンパチ学問ニッキ

学問したい日記(牛津疾走編)

人前で研究のプレゼンをするときの「普通」について

私はこれまで何度かアメリカとカナダに暮らしたことがあって、アメリカには二度留学した。その後、仕事や研究でふらふらとあちこち海外に出る機会があり、ずいぶん海外慣れしてきたような気がしていたのだが、実際には私はアメリカ慣れしてるだけだった、ということがイギリスに来てからわかった。

それは例えば、イギリスでWhat's up?ってあんまり聞かない(私が歳をとって、そういう表現を使わない世代になったせいもありそうだけど)とか、アメリカならexcuse meと言うべき場面も含めてやたらとsorryと言うとか、would you / could you...というアメリカ慣れした身からすると馬鹿丁寧に聞こえる表現をお店の人にも使うとかいう日々の些細な言葉遣いの違いだけではなくて、研究者生活の中でも感じる。今日書くのは、人前で研究プレゼンをするときについて。

研究発表のスタイルについては、アメリカだと、TED talkのような発表スタイルがひとつの理想とされているように思う。要点をわかりやすく示した綺麗なスライドを使い、ノートは見ずに聴衆に語りかけ(アイコンタクト重要)、ドラマチックに話を盛り上げる。

イギリスに来ていくつか学会や研究会にでてびっくりしたのは、そういうTED talk式の発表がないわけではないが、アメリカ的観点からすると、どうもプレゼンがあまり上手ではない人たちがけっこういるということ。下を向いていてアイコンタクトがない人もいるし、話の展開が退屈だったりもする。

そして、どうやらプレゼンのスタイルが日本のそれにとても近い。スライドなしは結構あるし、レジュメ配布もある。もちろん、配布物・スライドのいずれもなしも。それから、論文の読み上げ発表もあった。配布物なしで分析系の読み上げ発表だったときは、さすがにきつかったな。

私の分野だと、日本では論文の読み上げ発表がときどきある。そういう発表は怪しからんとアメリカ視点から私自身思っていたこともかつてあったのだけど、イギリスに来てみたらそういう発表も普通にあった。研究発表のスタイルの「普通」は、どうやらアメリカとイギリス(ヨーロッパ?)は違うようだぞ。

それで、自分のアメリカかぶれの視野の狭さを反省している。

ベジタリアンとの暮らし(不満爆発編・その3=最終回)

娘は今日から冬休み。娘はここ数日風邪気味。イギリスの小学校は欠席に関するポリシーが極端で、例えばOxfordshireの場合、正当な理由なく欠席すると親一人につき一日60ポンドの罰金を払うことになる。我が家の場合は親二人の家庭なので一日120ポンドになる。出席率は学校評価に関わり、ウェブで公表もされているので学校は神経質になっていて、小学校から家庭へのニュースレターには「お子さんが風邪を引いていても学校に連れてきてください」と書かれている。

さて、ベジタリアンとの暮らし完結編。夫は、現在の食をめぐるシステムは不正であり、肉食によりその不正なシステムの存続に加担することになるので、自分はその悪循環を断ち切ることに貢献したいとかいう主張をする。なるほど、それであなたの公正な食事は誰が用意するの?

詰まるところ、夫が実践するベジタリアニズムの我が家における最大の問題点にして弱点は、ベジタリアンの食事を用意・調理する負担を誰が負うのかという視点が抜け落ちている点にある。食事に関して、外食をするか、あるいはパスタや冷凍餃子をゆでたり、電子レンジで食べ物を温めることしかしない場合、別の誰かが夫が食べられるものを調理してあげなければならない。

最近の英語圏の国々の多くでは、ベジタリアンやビーガン食がスーパーでも外食でも豊富にあるので、このことはそれほど問題にならないかもしれない。ベジタリアンやビーガンを実践するのであれば少々余計にお金を払う必要があるかもしれないが、それはあくまで個人の選択の帰結である。(ただ、我が家では最近まで料理および料理に伴う買い物は基本的に私の担当だったので、なぜか私も負担することになっていた。頭に来たので、ベジ食が欲しければ夫が自分で買うように方針を変えた。)

だが、日本のようにベジタリアン・ビーガンの選択肢がスーパーでも外食でも極めて限定的である場合には、自炊しなければ実現できない。そうすると、誰がその理念にのっとった食事を用意するのかという問題がでてくる。しかも、一般的ではない調理方法で料理をしなければならないので、料理をする人の負担は基本的に増える。でも日本にいる間、ベジタリアンを標榜する夫はほとんど台所に立たなかったし、忙しいから、何を買って良いかわからないからという理由でベジ食を手に入れる努力も非常に限定的にしかしなかった。

なお、夫が日本にいる時から主張する解決策は、大学の生協食堂に家族で行き食事をすればよいというものである(我が家は夫の勤める大学まですぐ)。生協食堂は皿ごとに食べるものを選べるので、ベジタリアンの理念にかなうものを選んで食べれば良い。娘が食べられるものもある。価格も安いし、後片付けもしなくてよいし、わざわざ自炊する必要はないと。それって解決策なのか?また、なぜそれほどまでに自分で料理することを拒むのか?そして何より、自分が食べるものに必要な調理プロセスを他人任せにするベジタリアニズムって、公正なの?

私の不満はこの点にあり、それでときどき夫を「貴族的ベジタリアン」と揶揄している。貴族め!

おしまい。合理的配慮について書かないで済ませてしまった。

ベジタリアンとの暮らし(不満爆発編・その2)

街はFestive season真っ盛り。スーパーには9月ごろからクリスマス用品が並び始めていたが、今やクリスマス用品だらけになってしまった。普段使いのジュースやNutellaもクリスマス柄に。日本のスーパーがクリスマス明けに新年・お節用品だらけになるのと似ている。

さて、今年の夏休みはオランダに行き、アンネの家に行ったり、ミッフィーだらけのホステルに泊まったり、スピノザ博物館を覗いたり、スケベニンゲンで海遊びをしたりして、フェリーでイギリスに戻る旅行をした。このとき、そういえばSさんご家族の滞在している街が近いことを思い出し、ご連絡したところお家でのランチに誘って下さった。

だが、肉と魚を食べない夫と、魚と野菜は食べないが肉なら食べる娘が一緒である。しかも、Sさんのお家にはまだ幼児のお子さんがいる。外食も検討したのだけれど、お子さんが小さいので外食だとかえって大変かもしれないというお話もあり、結局お家に伺うことにした。食べ物については念のため我が家でも何か持参するということにして。

そして当日。長めの旅行も終盤に近づき、疲れが溜まっていたせいもあるが、夫と娘の動きが鈍い。待ち合わせに向かう前に夫と娘用の食べ物を買いに出ないといけない。あなたたちの偏食のために買い物をしに行くのだから早くして!と私が言ったのが夫の癇に障った。

夫曰く、自分がベジタリアンであるのは偏食とは違う。偏食と一緒にするな。例えばイスラム教徒の客を招くのであれば、招く側がベジタリアン(もしくはハラル)の食事を用意すべきである。君はイスラム教徒に対しても食事を持参するように言うのか。

私:言う。そもそも今回は招かれたというより、こちらがお誘いした。結果的にお家で食事をするということになっただけ。我が家の場合はベジタリアンの食事(夫用)だけでなく一般食(娘その他)も必要になり、さらに言うと幼児食(先方のお子さん)もおそらく用意されるので、先方の奥様に過度の負担がかかる。そこに協力することはまったくもって適切である。

というところから喧嘩になり、ツムジを曲げた夫は「自分は行かない!」とこのランチに不参加を表明。Sさんのお家には私と娘だけで向かったのだった。

まだつづく。

ベジタリアンとの暮らし(不満爆発編・その1)

気がつけば年の暮れ、帰国便の予約も入れたところ。

さてここで問題。

肉・魚を食べない夫と、魚・野菜は食べないが肉なら食べる子どもとの食卓に、何を並べるかを考えてみましょう。なお、あなたはフルタイムの仕事を持つ母親で、買い物や料理に使える時間はとても限られています。


答え:(ダレカタスケテ)

ということで、今日はベジタリアンの夫、より正確に言うと日本にいたときは魚は食べるベジタリアンのPescetarianism、渡英してからは乳製品・卵は食べるLacto-ovo vegetarianismを実践する夫との対立について書いておく。夫がベジタリアンというと、かつて日本の友人に「旦那さんてガイジンなの?」と言われたことがあるが、大阪人である。まれに肉や魚やラーメンを食べているのも私は知っているが、本人曰く「自分はファナティックなビーガンveganとは違う」のだそうだ。なお、夫がべジタリアニズムを実践するのは功利主義者だからである。

娘はというと、卒園した保育園で食事の完食を強要されていたことに反発して偏食となり、魚と野菜は基本的に食べないが肉なら食べる。でもさ、じゃがいもは野菜でフライドポテト(イギリスではchips)もポテトチップス(イギリスではcrisps)もじゃがいもなんだから、野菜食べてるよ〜とは本人談。

そして私は平均日本人的雑食です。夫は私が雑食を貫くことについて、「ピーター・シンガーは妻に説得されてビーガンになったのに、自分は妻さえ説得できていない」と嘆くが、我が家でベジタリアニズムを導入しても、私の負担が増えることがあっても減ることはないからやらないのだし、栄養のある温かいベジタリアンの食事が帰宅したらあるという状況になるのであればベジタリアンになったって構わないことは夫に伝えてある。夫は料理をしないことはないけれども、夫が言う「料理」とは例えば冷凍餃子やパスタや素麺を茹でるとか、あるいは電子レンジで出来合いの食事を温めることであり、それ以上のことはしない。

このような状況なので、我が家で食事はしばしばケンカの種になる。次回は、今年の夏に起きた私からすると理不尽な大ゲンカについて書く。ベジタリアンへの合理的配慮と過度の負担undue hardshipの観点から(お、学問みが)。

五月も三分の一が過ぎた金曜日

もう5月になってしばらく過ぎた。こちらはまだ結構寒くて上着が手放せない。

4月末にベルリンで行われた某カンファレンスで報告してきた。私が大学院生のころから読んできた大物たちが集まった小規模カンファレンスで、色々な人と話せてとても楽しかった。

このカンファレンスの報告をもとにした出版計画があり(私の論文が載るかは別問題だけれども)、その相談で出た意見が日本と違うなと思ったのでメモ。

  • Edited bookはできるだけ避けたいという意見がほとんど。理由は、読まれないからとのこと。
  • むしろジャーナルの特集号の形をとったほうが、まだ読まれるだろうという意見があった。
  • カンファレンスのテーマにそった重要なresearch questionsを4つほどたてて、それに対するpros and consを論じる論文をいくつか入れるというものもあった。使いやすくて読まれる本になるかもと。

どれだけ読まれるかが基準なのだな。引用数が評価されるので、引用されやすいように、ということにも結びついているのだろう。

確かに最近は、私でも紀要などに書いた論文でオンラインにあがっているものを読んでくださったと声をかけていただくことが増えているので、オンラインに出ない本に書くより、紀要論文であってもネットの検索から本文が読めるものの方が自分の研究を誰かに知ってもらう契機になっているという側面が日本でもあるかもしれない。

恩返しを心に刻む土曜日

今日は朝から近所の公園を散策した後、午後に某夫方面のH先生のお家訪問。素敵なお家でイギリス式にお茶をいただく。胡瓜のサンドイッチが美味でびっくり。日本の胡瓜とはもちろん違うけれど、北米の胡瓜とも違う。ちょっとメロンぽい感じもあり、爽やかでたいへん上品。

家が決まりかけていて来週引越しの見込みとお話ししたら、いろいろ貸して下さるとのことで恐縮。いつかきっと恩返しをしないといけない。

娘と話していて気づいたのだが、関西弁の二つ目にアクセントを置く「トト」の発音と、イギリス英語のTomatoはだいたい一緒だな。ちなみにバナも。関西アクセントのゴラはほぼ英語。